[最終話D-0]「サムダリへようこそ」二大注目ポイント…「シン・ヘソンの復讐と復讐」カムバック』+『チ・チャンウク、スイスへ』

写真提供=JTBC
写真提供=JTBC

[スポーツ朝鮮イ・ジョンヒョク記者] 復讐して愛を見つけることができるだろうか?サムダリがシン・ヘソンの展覧会に全力を注ぐ中、チ・チャンウクのスイス旅行にシン・ヘソンがどのような選択をするのか注目が集まる。

最終回を前に視聴者が最も注目しているポイントは2つある。

一つは物語の出発点となったシン・ヘソンの復帰と復讐だ。劇中、チョ・ユンの陰謀により突然暴言を吐く上司となり、自らのどん底に落ちたシン・ヘソンが写真家としてカムバックし、チョ・ユンへの復讐を果たすか注目される。最終エピソードですぐに。現在、写真展はサムダリ家の全面的な支援と協力のもと、着々と進んでいる。 「サムダリへようこそ」が純粋な笑いをもたらしたように、今回も友人や家族、村民らの支援を受けてシン・ヘソンの復讐は完全に成功するものとみられる。

一方、チ・チャンウクのスイス旅行については予想が分かれている。夢だったスイスで予報官として働くことができたチ・チャンウクは、8年ぶりに叶えた恋のためにスイス行きを諦めることにした。最終話の予告編では、この事実を遅れて知ったシン・ヘソンがチ・チャンウクの夢を応援する姿が描かれ、二人がどのような選択をするのか視聴者の好奇心を高めている。

一方、JTBC「三大里へようこそ」三大里の人々がシン・ヘソンを救出するために奔走した。 「My Side」の全面的な応援と無条件の応援が小さなスクリーンに心温まる時間を与えてくれた。この結果、視聴率は首都圏10.9%、全国10.4%と自己最高記録を再び更新し、週末ミニシリーズのトップの座を確保した。 (ニールセンコリア提供、有料世帯ベース)

写真提供=JTBC
写真提供=JTBC

20日に放送されたJTBC土日ドラマ「サムダリへようこそ」(脚本クォン・ヘジュ、演出チャ・ヨンフン、キム・ヒョンジュン、制作MI、SLL)15話ではサムダル(韓国気象庁で写真展を準備中のシン・ヘソンさんは、新たな危機に直面している。ドレープがかかっていました。何も思い通りにならないことに腹を立てたウンジュ(チョ・ユンソ)は記者にチョ・ウネではなく本名のチョ・サムダルで展覧会を開催すると報告した。 「平静を取り戻せ」という記事で世論は再び騒然となった。

済州気象庁に抗議の電話が殺到し、展示会の中止が決定された。ヨンピル(チ・チャンウク)の物議を醸した事件は一方的な暴露に端を発し、サムダルは自分は何も悪いことはしていないと弁解しようとしたが無駄だった。民事苦情の殺到で気象サービスが適切に機能せず、ウェブサイトも麻痺し、地域住民が天気予報を確認できない事態に陥ったためだ。迷惑をかけたくないから3ヶ月もやらない、と言って辞任した。

ソウルで展示会が中止になった時と同じ状況かと思われたが、ここはサムダリだった。まず、「鷲の五兄弟」ギョンテ(イ・ジェウォン)が立ち上がって、「チョ・サムダルがパン・ウンジュに嫌がらせをしなかった」という事実が明らかにされて初めてこの事件は終わるという重要な点を指摘した。そこでサムダルの助手ウンビ(キム・アヨン)とジウン(イ・ドヘ)はウンジュを一撃で倒すヒントを提示した。ウンジュはグラビアと合わないスカーフのせいでサムダルと衝突し、最近ではコンセプトに合わない商品を推してアパレルチームと毎日喧嘩をしていた。サンド(カン・ヨンソク)とウヌ(ペ・ミョンジン)も加わって意見を交わしたため、ウンジュは「リベートを受け取っていた」のではないかという疑惑が浮上した。

写真提供=JTBC
写真提供=JTBC

そこで5人はソーシャルメディアや写真家のコミュニティを検索し始めた。そしてクマができるほど徹夜で働いた結果、マ部長とウンジュという無名のショッピングモールから商品を受け取り違法に宣伝する会社とのつながりを発見した。ママネージャーのSNSには、サムダル撮影現場でウンジュが無理やり押し込んだスカーフ以外の商品の写真も掲載されていた。歓喜の歓声が沸き起こった瞬間だった。

一方、サムダリの人々は「サムダルを保護」し始めました。海女のサムチュンさんを中心とする村の人々は、サムダル里に集まった記者たちに難しい済州語を話したり、別のルートを教えたりして、サムダルの家を探す人々を困らせた。おかげでサムダルの住居は発見されなかった。その後、サムダルの家に全員が集まり、サムダルの汚名を晴らすための集会が始まった。イーグルの5人の兄弟とその助手はウンジュの汚職を報告し、3人の女性ダイバーは義理の両親やいとこを含むすべての人脈を集めた。可能な限りの方法で彼を助けるために行動を起こした、信頼できる本当の「私の人々」を見たサムダルの顔には、温かい笑顔が浮かんでいました。

サムダルは「チョ・サムダル」 自分の名前での最初の展覧会を諦めなかった。韓国気象庁の展示会が中止になった際、展示会場のレイアウトを再考し、適切な場所を探しました。変数は記者だったが、ヨンピル氏は記者たちが韓国気象庁に注目している間に三達里で密かに展示会を開催するという賢いアイデアを提案した。 「できるまで頑張ろう」と力を合わせたヨンピルとサムダル、そして補佐役の「ワシ五兄弟」、そして気象庁から救出された「チョムニョ(海女)部隊」。彼らはサムダルさんの写真を回収し、展覧会を開こうと奔走した。ヨンピルがかつてサムダルに言ったように、「開川の龍は私一人で作ったものではありません」。川のドジョウやミカン、カエルなども効果がありました。厳粛な態度で気象庁に向かった人々は、ウンジュに対する爽やかな反撃とチョ・サムダルのオープニングで一石二鳥を予告し、最終回への期待を最高レベルに高めた。初めての展示会。

「サムダリへようこそ」最終話は21日日曜日午後10時30分、JTBCで放送されます。
イ・ジョンヒョク記者 jjangga@sportschosun.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です