[ソク・グァンインは大人?]カメレオンのような歌手ニウンのトロット「Special Love」

ニウン(写真=チャートコリア提供)
ニウン(写真=チャートコリア提供)


「恋は冗談ですか」を歌った歌手ニウン(本名イ・ニウン)は、環境によって肌の色が変わるカメレオンのように、曲によってトーンを変える歌手だ。ポップ、R&B、バラード、ロック、ディスコ、セミトロット、CCMなどジャンルを問わず、新曲を歌うたびに新たな一面を見せてくれる。彼女の声と口調は毎回変わります。

ニウンは今回は本格的なトロット曲を歌った。彼女の曲は深みのあるハスキーボイスが際立つ「Special Love」(キム・ドンチャン作詞・作曲)。

「天がくれた愛~天がくれた贈り物~」を熱唱する姿には、お腹がえぐられるような気持ちになる。明確な語尾と柔軟な歌い方がより魅力的です。

「2019年の夏頃、あまりにつらかったので、ヒョンダンのお兄さんに歌わないと伝えたら、もう一度歌ってみないかと言われました。 「その後、彼はキム・ドンチャン先生の曲だと言って、私にそれを勧め続けました。」

歌は上手そうだが、自分のスタイルとは合わないようで悩んでいた。結局、レコーディングしたのは半年後の2020年2月でした。しかし、すぐに新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まり、舞台活動ができなくなり、活動を始めたのはつい最近でした。

2020年7月に「歌手ニウンTV」を開設し、YouTubeでの配信を開始した。歌の講師であるキム・ミョンソン氏との生放送中に、彼女は自分の曲を含む543本の動画をアップロードし、2000人近くのチャンネル登録者を獲得した。不思議なことに、彼女がアップロードした動画の中で最も再生回数が多かった曲は、「七甲山」の作曲家として有名なチョ・ウンパが作詞・作曲したゴスペルソング「When You Call My Name」だった。 「ドロナム」。もう1つのゴスペルソング「Lord, Here I Come」も、最も再生回数が多いゴスペルソングの1つです。ニウンさんは、YouTubeの生放送でゴスペルソングを歌うと、再生回数や応援コメントが大幅に増え、僧侶だと言って応援してくれる人もいると笑いながら話した。

YouTubeで配信しながら自分で歌詞を書き、デジタルシングルとしてリリースしました。 2023年3月の曲「セウォル号」を皮切りに、作曲家ジェームス・キムが作詞した「フノニ」や「ライク・ザット」などの曲をユーチューブにアップロードし、ファンの反応を観察している。

2023年にはさらに良いことが起こり、M&S Music(ソン・ギミル代表)と専属契約を締結しました。事務所設立後は放送活動が増え、KBS1「歌謡ステージ」にも頻繁に出演するようになった。 「ミュージックステージ」ではチェ・スクジャの「母と娘のギター」をはじめ、イ・ミジャの「憧れ」、「トンベクガール」などを歌った。

ニウンさんは、人気のあるポップソングを歌うとクラシック音楽のように聞こえるとよく言われると言います。そのため、彼女は「ポップステージ」によく出演していると考えられます。ニウンが日本語歌詞で歌った「七甲山」も名曲のようで、チュ・ビョンソンが歌った原曲とはまた違った魅力を放っている。そのおかげで彼はカメレオンのような歌手と呼ばれています。

ニウン(写真=チャートコリア提供)
ニウン(写真=チャートコリア提供)


ニウンは1985年に「Conflict of Breakup」という曲をリリースして歌手としてのキャリアをスタートさせたが、家族の大人たちの強い反対に直面した。その結果、彼女は逃亡し、日本に留学することになりました。彼女は東京の産業ノーリツ大学に入学し、そこで経営学を専攻しましたが、歌のスキルは依然として残っていました。留学生の歌唱クラブでその抜群の歌唱力を認められ、日本の音楽業界関係者の目に留まり、有名プロダクションにスカウトされる。

1993年にはNHK新人歌謡祭に出場し、バラード「シャツを買ったよ」で新人賞を受賞するなど、日本の放送界の人気新人歌手として人気を博した。

彼女は 1995 年に韓国に戻り、母親の貿易業を手伝いました。 2000年に韓国でアルバムをリリースしたが、半年で活動を中止した。 2007年にリリースしたセミトロット「ナナナ」の後、2009年に「Is Love a Joke」(キム・ドンウ作詞、ジョンファン作曲)をリリースし、4年後の2013年に放送局で人気を博した。

2014年にラテンリズム曲「ベサメムーチョ」(チョンイソング作詞・歌)をリリースし、日本では日本語バージョンの方が人気が出るというサプライズを起こした。した。アレンジを変えて録音した日本バージョンでは、韓国バージョンよりも熱唱したと好評だった。

2017年に「スリサンラブソング」(チョ・ウンパ作詞・作曲)をリリースしたが、運動不足と不規則な食事が原因で2019年に心筋梗塞を患った。彼女の食事と 10,000 歩のウォーキングは、彼女の健康状態を大幅に回復するのに役立ちました。

ソクグァンインの待機リスト

元スポーツ朝鮮芸能部マネージャー

イェダンメディア元CEO

現チャート韓国編集者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です