チョ・ジョンソク 自信 (セジャク) [総合]

なし

(Xports News イ・ヒョバン記者) チョ・ジョンソクとシン・セギョンは「セジャク」での相性に自信を持っていた。

16日午後、ラマダ新道林ホテルでtvN新土日ドラマ『セジャク、魔法にかけられた人』(以下、セジャク)の制作発表会が行われた。現場にはキム・善徳作家と俳優チョ・ジョンソク、シン・セギョン、イ・シニョン、パク・イェヨン、チャン・ヨンナム、イ・ギュフェらが出席した。

「世雀」は高い地位にありながら心の底から卑しいイ・イン王(チョ・ジョンソク)と世雀(スパイ)になったカン・ヒス(シン・セギョン)の過酷な運命を描いたメロドラマだ。 )彼を打倒しようとしますが、彼に恋をしてしまいます。

なし

メロドラマではありますが、軽い雰囲気のドラマです。

チョ・ジョンソクはシン・セギョンとの相性について「本当に本当に良かった」と口を開いた。知人には「女優シン・セギョンさんと仕事がしたい」とよく話していたという。

「今回共演すると聞いてすごく嬉しかったんですが、実際にやってみると、もうしつこいくらい相性がよかったです」と語った。さらに、「演劇ではキャラクター間の相性も重要だが、人間間の相性も非常に重要だ」と付け加えた。大事です。 「演技するときにそういう部分がよく出て、相性がすごくよかったです」と自信を見せた。

なし

シン・セギョンは呼吸の前半と後半の違いについて言及した。

「比較的軽やかで柔らかい神様が多い」「神様全体の雰囲気が澄んでいて綺麗そう」と期待を高めた。

続いて「中盤から後半にかけて、ヒスの視点での感情的な葛藤が非常に激しくなる。ヒスは常に葛藤を抱えていて、表情と内面が異なるシーンが多く、演じる上でとても悩みました」と語った。

チョ・ジョンソクはそれらの困難の多くを軽減したと言われています。

シン・セギョンは「でも、現場では先輩がとても丁寧に配慮してくださったので、他のことを気にせず演技することができました」とし、「だから撮影現場に行くのがいつも楽しかったです。チョ・ジョンソクは「先輩と一緒だったら楽しく終わると確信していた」と感動した。

もちろん、先輩俳優チョ・ジョンソクにとっても『セジャク』のメロドラマは同様に難しかった。

彼は「イ・インとヒスのメロドラマとラブストーリーを描くのは非常に難しかった。それは「とても愛している」と全身全霊で愛するという行為ではなく、常に疑い、常に憎み合い、鋭利な愛でした。なので演じるのが難しい部分もありましたが、2人で頑張って撮影しました。 「楽しんでいただければ幸いです」と彼は言った。

なし

2人自身が出した呼吸の点数は11点と1000点だった。

チョ・ジョンソクは「10点中11点」、シン・セギョンは「1000点中1000点」とお互いに対する強い信頼を表した。

tvN『セジャク、魔法使い』は21日午後9時20分に初放送され、1話、2話連続で特別編成される。

写真 = Xportsニュースパク・ジヨン記者

イ・ヒョバン記者 khalf0721@xportsnews.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です