黄身のソウルから白身の京畿道へ旅立つ人…私はここを選びました [不動産360]

私の解放日記ドラマキャプチャ
私の解放日記ドラマキャプチャ

[ヘラルド経済=チョン・スンシク記者] 「京畿道を見て彼が何と言ったか知っていますか?」京畿道は卵の白身に似ていると言われます。卵の白身がソウルを取り囲んでいます。三宝市に住んでいると言っても、三宝市がどこにあるのか分かりません。 1号線と4号線に乗ったほうがいいでしょうか?彼はどうせ京畿道を買うつもりはないと言っているのに、なぜ興味を持ったのでしょうか? 「なぜ私はこんなに多くの村で卵白を持って生まれるのでしょうか?」 (ドラマ『私の解放日記』より)

ドラマ「私の解放日記」を通じてソウルと京畿道の人口移動が大きな注目を集めたが、ソウルから京畿道への人口移動が増加するにつれ、この人口流入地域への関心も高まっている。

一方、昨年ソウルから京畿道に移住した地域は高陽市が最も多く、次いで龍仁、金浦、南楊州、水原などが続いた。

17日、韓国不動産公社によると、2023年(1~11月)のソウル住民による京畿道のマンション売買取引件数は1万2679件で、すでに2022年(1~12月)の9170件を上回った。地域別では高陽市が1397人と最も多く、龍仁市(1066人)、金浦市(972人)、南楊州市(907人)、水原市(818人)の順となった。

これらの地域のほとんどはソウルに隣接しており、地下鉄や公共交通機関が充実しています。これは、ソウルの金利上昇と賃貸価格の高騰により、わざわざソウルでマンションを購入するよりは、ソウルに隣接しインフラが整った地域を選びたいという消費者心理の反映と解釈される。

実際、不動産R114によると、2023年のソウル市の3.3平方メートル当たりの平均賃貸価格は1,890万ウォン、京畿道の平均売却価格は1,870万ウォンだった。

京畿道へのソウル住民の移住が増えており、優先地域での新規販売に注目が集まっている。不動産R114によると、今年第1四半期に高陽市、龍仁市、金浦市、南楊州市、水原市への新規供給予定は約7000世帯だという。

GS建設は1月、水原市霊通区霊通洞に9年ぶりに新築マンション「霊通西セントラルパーク」を公開する。総世帯数は580世帯で、全世帯の専有面積は84㎡です。永通中央公園に隣接し、水仁盆唐線の永通駅まで徒歩5分です。永通小学校、永日中学校、永徳高等学校が近くにあり、永通アカデミーも徒歩圏内にあります。もう1つの利点は、Samsung Digital Cityに近いことです。

高陽市ではイルシン・グンヨンが豊東2区3街区の「ヒューマンビル一山クラスワン」を2月に専有面積84平方メートル、529世帯を分譲する。京義中央線の白馬駅が利用でき、ウンヘン小学校、豊東小学校、豊東中学校、セウォン高等学校が近くにあります。

ウミ建設は金浦市北辺洞北辺3区の再開発を通じて2月に1,200戸のうち専有面積39~84平方メートルの876戸を販売する計画だ。金浦ゴールドラインの巨浦北辺駅まで徒歩でアクセスでき、金浦小学校と金浦中学校も近くにあります。

sun@heraldcorp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です